blog

ブログ

2022.6.23

開放的なカリフォルニアスタイルのインテリアコーディネート

アメリカ西海岸をイメージした開放感のあるカリフォルニアスタイルは、
海などの自然を感じさせるアイテムやカラーを取り入れて、
ビーチリゾートの様な雰囲気を演出するインテリアスタイルの一つです。

 

爽やかで清潔感のある色合いや、リゾート感あふれるインテリアをコーディネートする事で、
カジュアルな印象にリラックスムードをプラスした魅力的なインテリアスタイルが叶えられます。

 

アメリカンヴィンテージを感じさせるレザーや古材を使った家具を加えたり、
ヘリンボーン柄をプラスしてラフでおしゃれな空間を作るなど、自分らしいスタイルが楽しめます。

 

カリフォルニアスタイルを作る上で注目したいのがカラーコーディネートです。
西海岸風インテリアに欠かせない海を連想させるブルーや、波や雲を連想させるホワイト、
木材などのナチュラルなカラーを上手く組み合わせて爽やかなビーチスタイルや、
リラックス感のあるリゾートスタイルを作ってみて下さい。

 

アクセントに上品なダークブラウンやスチール素材のブラックを加えて、
全体の雰囲気を引き締めてみるのもおすすめです。ファブリックや木材、
ラタンやレザーなど、素材感も楽しみながらコーディネートすれば、自分好みのカリフォルニアスタイルが作れます。

 

リゾート感あふれる寛ぎの空間を作る為には、インテリアのサイズにもこだわってコーディネートしてみて下さい。
ゆったりと座れるソファや、空間を広く見せてくれるロータイプの家具などを組み合わせれば、
開放感のあるリラックススペースが出来上がります。

 

安定感や重厚感のある高さを抑えた家具をコーディネートする事で、
落ち着いた雰囲気が演出できるだけでなく、天井が高く見える為、部屋が広く感じられます。

 

カリフォルニアスタイルのインテリアコーディネートを作る時には、
海をイメージさせるサーフボードや観葉植物、アメリカンテイストがプラスできる星条旗柄や
ラフな印象のデニム素材などのインテリア雑貨を使って雰囲気を盛り上げるのも効果的です。

 

面積の大きな家具では取り入れにくいカラーや柄物も、ラグやクッションカバー、
アートや雑貨を使えばインテリアのアクセントとして取り入れる事ができます。

 

開放的でリラックスした雰囲気のお部屋が作れるのはもちろん、
コーディネートするインテリアによって自分好みのテイストに仕上げられるのも
カリフォルニアスタイルの魅力的なポイントです。

 

インテリアの色合いや素材感、サイズや小物使いに注目してコーディネートすれば、
ゆったりと過ごせるおしゃれな空間が手に入れられます。

2022.6.20

和室に最適なプリーツスクリーン

ウィンドウトリートメントの中でも、スッキリとした窓辺を演出してくれるプリーツスクリーンは、
和室や洋室など場所を選ばずしっくりと馴染みながら、印象的なインテリアスタイルを叶えてくれます。

 

生地のデザインや素材感、カラーバリエーションなどが豊富に取り揃えられているので、
それぞれの好みやインテリアに合わせたアイテムを選ぶ事ができます。

 

プリーツスクリーンは上下に開閉して採光を調節したり、
外からの視線を遮る為に使われるウィンドウトリートメントです。

 

水平ラインが美しく際立つジャバラ状のスクリーンを折りたたむ様に開閉する事で、
コンパクトに収まりながら、スッキリとした印象の窓辺が作れます。

 

プリーツスクリーンには一枚の生地を使ったシングルタイプと、
レースカーテンの様な役割を果たすシースルー生地と厚みのある生地を組み合わせたツインタイプがあります。

 

ツインタイプは、透過性の無い生地と透け感のある生地を上下に配置して一枚のスクリーンに仕上げている為、
採光しながらプライバシーを守る事ができます。

 

プリーツスクリーンにはポリエステルなどのファブリックや不織布など、
様々な素材を使った生地が用意されており、お部屋のインテリアに合わせたコーディネートが叶えられます。

 

その中でも、障子の様な雰囲気と透け感が味わえる和紙調のプリーツスクリーンは、
和室や和モダンスタイルのお部屋におすすめです。障子の様に破れる心配もなく、
和の空間にしっくりと馴染みながら印象的で上品な窓辺を実現してくれます。

 

柔らかな質感で温かみのあるファブリック素材を使ったプリーツスクリーンを採用すれば、
洋室にもおしゃれに溶け込みます。

 

プリーツスクリーンには遮光や遮熱、防炎やUVカットなど、機能性が高い商品も多く、
デザイン性だけでなく快適な暮らしをサポートしてくれる様々な効果が期待できます。

 

プリーツスクリーンの一種で、スクリーンをハニカム状に仕上げたハニカムスクリーンなら、
更に遮熱効果や断熱効果が高められます。2枚のスクリーンを使って空気層を設ける事で保温性が高まり、
室内を過ごしやすい環境に導いてくれます。

 

和の空間を取り入れている住まいにおすすめのプリーツスクリーンは、
窓辺をおしゃれで機能的なスタイルに彩ってくれます。

 

ウィンドウトリートメントを検討する際に定番となっているカーテンやブラインドだけで無く、
プリーツスクリーンも候補に入れておけば、コーディネートの幅が広がり、
魅力的なインテリアスタイルが手に入れられます。

2022.6.14

機能的でおしゃれなシーリングファン

天井に取り付ける事で、室内の空気を効率的に循環させられるシーリングファンは、
節電効果が期待できるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても楽しめる魅力的なアイテムです。

 

シーリングファンには、天井の高さやスペースに合わせて選べるサイズバリエーションや、
ウッド調やアンティーク調などのデザイン性に優れたアイテムなど様々な種類があり、
照明として使えるライトが付いたタイプも販売されています。

 

シーリングファンの最も優れた特徴は、室内に空気の流れを作り、
暖かい空気と冷たい空気を拡散して室温を均一に保てる事です。

室内の空気が混ざり合い、室温のムラが無くなると冷暖房効率が良くなり節電に繋がります。
その為、吹き抜けのある住まいなど、空気の循環が悪くなる天井の高い部屋には特に有効的です。

 

シーリングファンを使って室内の空気を循環させる上で大切なポイントは、
風向きに気を付けてファンを回転させる事です。冬場は下から上へ、
夏場は上から下へ空気の流れを作る事で、効率的に空気を循環させられます。

 

上から下へ空気を流す夏場は、冷房の効き目が良くなるだけでなく、
扇風機の様な送風が体感できる為、より涼しく感じられます。

 

シーリングファンはインテリア性も高く、カフェスタイルやリゾートスタイルなどをイメージさせる
おしゃれな雰囲気でコーディネートを盛り上げてくれます。

 

優雅に回転するファンはリラックス空間に適しており、機能性だけでなく、インテリアとしても楽しめるアイテムです。
部屋の雰囲気や好みに合わせて、素材やカラー、デザインなどを選んでコーディネートすれば、
ワンランク上のインテリアスタイルが叶えられます。

 

より快適な住まいを作る為に必要な要素を持つシーリングファンですが、
高い天井に取り付けると掃除の際に手間がかかったり、高さの無い天井に取り付けると圧迫感が出てしまうなど、
デメリットも存在します。

 

また、重さのあるシーリングファンを支える為には下地補強が必要になったり、
傾斜のある天井に取り付ける場合には傾斜に対応できるタイプを選ばなければならないなど、
気を付けるべきポイントも多くあります。

 

シーリングファンのある家を実現するためには、メリットだけで無く、
デメリットもしっかりと理解して住まいに取り入れてみて下さい。デメリットを知っておけば、
圧迫感を抑えた小型タイプや、簡単に取り付けられる軽量タイプを選んだり、
掃除の際に便利な昇降機を取り付けるなど、取り付けの際に起こる不安や、設置してからのストレスが解消できるので、
安心して住まいに取り入れられます。

2022.6.7

素材で選ぶシステムバスの浴槽

住まいに欠かせないバスルームには様々なタイプがありますが、
体を浸けてリラックスタイムが過ごせる浴槽を設けたお風呂が一般的です。

 

システムバスの浴槽にはサイズや形状、質感や色合いなど豊富な種類があり、
どのような素材を採用するかによって得られるメリットは異なります。

 

浴槽に使われている素材には、FRPと呼ばれるガラス繊維に樹脂を混ぜて作られるガラス繊維強化プラスチックや、
人工大理石、ステンレスやホーローなどいくつかの種類があります。

 

それぞれの素材が持つ特徴を知る事で、理想のバスルームにマッチする機能的で使い心地の良い浴槽が手に入れられます。

 

柔らかく温かみがある素材としてユニットバスなどに多く採用されているFRPは、
防水性が高く、軽量でありながら耐久性にも優れているので、バスルームに適した素材と言えます。

 

加工がしやすくカラーも選べるFRPは、バリエーションが豊富に揃っている為、
好みに合わせて好きなタイプが選べます。比較的安価で手に入れられる事も人気が高い理由の一つです。

 

アクリルやポリエステルなどの人工樹脂で出来ている人工大理石は、
光沢や透明感がある美しい素材で、高級感のあるバスルームが実現できます。

 

表面の硬度が高い為、耐久性に優れており、汚れも付きにくくお手入れが簡単に行えます。
人工大理石は、価格や質感、耐久性が異なるアクリル系とポリエステル系の2種類に分類されているので、
予算に応じて選んでみて下さい。

 

金属であるステンレスは錆びにくく耐久性が高い素材で、汚れや臭いも付きにくい為、衛生的に使用できます。
熱伝導率が低いステンレスは、保温性が高く浴槽のお湯が冷めにくいというメリットもあります。
無機質な素材感が好みな方におすすめの素材です。

 

キッチン用品などの素材としても重宝されるホーローは、鋳物や銅板などの表面にガラス質の釉薬を高温で焼きつけたもので、
キズに強く雑菌が残らない為、カビの発生を防ぐ事ができます。

 

光沢のある質感は美しく、肌触りもしっとりと滑らかなので、快適なバスタイムが過ごせます。
メリットが多い分、価格も高くなりますが、予算に余裕のある方にはおすすめの素材です。

 

バスルームのメインとなる浴槽の素材にこだわる事で、
家族の健康と衛生を守りながら日の疲れを癒してくれる理想のお風呂が手に入れられます。

 

デザインや機能性など様々な種類の中から、それぞれの暮らしに合う浴槽を選んで、癒しのバスタイムを過ごして下さい。

2022.6.3

暮らしに寄り添うガーデンテーブル

暮らしを充実させる為に室内の環境を整えるのはもちろん、
お庭やバルコニーなどの外空間も生活する場所の一部として充実させる事で快適で過ごしやすい住まいが実現します。

 

気分転換にお庭でティータイムを楽しんだり、友人を招いてバーベキューをメインにしたホームパーティーを開くなど、
外空間を上手く使いこなせば暮らしの幅が広がります。

 

屋外でも気兼ねなく使えるガーデンインテリアには、室内のインテリアとは違った特徴があります。
お庭などでお茶や食事を取る為に欠かせないガーデンテーブルにも機能性やデザイン性など様々な種類があります。

 

屋外の環境に耐えられる素材である事や、適切な仕上げが施されている事はもちろん、
それぞれの用途に合うサイズや機能性を持ったテーブルを選んでおく必要があります。

 

外空間で一人時間を過ごしたい場合には、飲み物やスイーツ、本などの小物が載せられるサイドテーブルがおすすめです。
リラックスチェアに合わせたサイズのテーブルがあれば、読書やちょっとした休憩に重宝します。

 

移動に便利な折りたたみ式のテーブルなら、必要な時にだけ出して使う事ができ、手軽に好きな場所へ持ち運べます。
お出掛けの際にも邪魔にならず収納場所にも困らないので、アウトドアシーンでも活躍してくれます。

 

庭やバルコニーで家族や友人と食事やバーベキューを楽しむなら、
大人数でも囲めるゆとりのあるサイズを選んでみて下さい。

 

人数に合わせてサイズが調節できる伸長式のテーブルを選んでおけば、用途に合わせて使えます。
バタフライテーブルやエクステンションテーブルなら来客などで人数が増える時にだけ天板が広げられるので、
普段使いと大人数用のテーブルを分けて準備しておく必要が無く、経済的です。

 

小さなお子様がいるご家庭やウッドデッキでテーブルを使用するご家庭には座卓の様に使える、
高さを抑えたテーブルがおすすめです。シートを敷いて床座で使用できるタイプならお子様でも囲みやすく、
ピクニックの様な雰囲気が味わえます。おやつの時間やランチを楽しむのはもちろん、
お絵かきをしたり学習机として使っても気分転換になります。

 

パラソルが設置できるテーブルなら日差しの強い日でも快適に過ごせます。
テーブルの中央にパラソルを取り付けて日陰を作れば、暑さを和らげてくれるだけでなく、
日焼け対策にもなる為、長時間過ごす場合にも気兼ねなく外空間を満喫できます。

 

機能性やデザイン性に優れたガーデンテーブルは、外空間をおしゃれで快適な場所にしてくれます。
一人時間やパートナーとの時間、家族や友人と過ごす時間を充実させる為にも、
それぞれのライフスタイルにマッチするガーデンテーブルを選んで、ワンランク上の住空間を作ってみて下さい。

2022.5.23

ドレープカーテンの機能性

カーテンは生地の厚さによって二種類に分けられ、透け感の無い厚い生地を使ったドレープカーテンと、
光や風を取り入れられる薄い生地を使ったレースカーテンがあります。

 

一般的にドレープカーテンは室内側に取り付けられ、採光を調節したり、
外からの視線を遮断してプライバシーを守るなどの役割を果たしています。

 

ドレープカーテンには様々な機能性を備えた商品があり、その中で最も重要視されているのが遮光性です。
日光や夜間の街灯など、外からの光を遮断して室内を暗く保つ機能が付いたカーテンを遮光カーテンと呼びます。

 

遮光カーテンは遮光率によって等級が設けられており、遮断する光の具合が数字で分かるようになっています。
1級~3級までの等級を参考にすれば、部屋の用途に合った遮光率のカーテンを設置する事ができます。

 

火災などの災害時にカーテンは燃えやすく、火が一気に広がってしまう原因になる為、燃えにくい糸を使ったり、
生地に燃えにくい加工を施す事でカーテンの防炎効果を高めた防炎カーテンも機能性カーテンの一つです。

 

高層の建物や公共施設などには防炎カーテンの設置が義務付けられている場所もあり、
災害時に防炎カーテンがもたらす効果は大きいと言えます。防炎カーテンには「防炎ラベル」という目印が付いているので、
新築や掛け替えの際に検討してみる事をおすすめします。

 

自宅で洗えるウォッシャブル機能を搭載したカーテンなら、気になる臭いや花粉、
ハウスダストなども簡単なお手入れで除去する事ができます。

 

ウォッシャブルのカーテンは洗濯機などで洗っても縮みや色褪せが起こりにくい為、安心して洗濯できます。
特にペットや小さいお子様がいるご家庭ではカーテンも汚れやすく、手軽に洗えるカーテンは重宝されます。

 

他にも、太陽光などの熱を遮断したり、室内の熱を外へ逃がさない様にする遮熱・断熱効果のあるカーテンや、
テレビの音や話し声が漏れにくくなる防音機能が搭載されたカーテンなどがあります。

 

遮熱や断熱機能のあるカーテンは室温をコントロールできるので、エアコンの効き具合に影響して省エネ効果も期待できます。

 

様々な機能性を持つドレープカーテンを使えば、快適な住空間が実現できます。
デザインやカラーなどのインテリア性だけを重視する事無く、機能性にも注目してカーテンを選んでみて下さい。

 

部屋の用途やライフスタイルに合わせた機能性カーテンを取り入れておけば、住み心地の良い環境が整います。

2022.5.17

無垢材の魅力

住空間に使われている木材には様々な種類がありますが、
その中でも木の風合いや質感など、天然の素材ならではの魅力をそのままに感じられるのが無垢材です。

 

無垢材とは、丸太から切り出された木を乾燥させた素材で、集成材などの様に加工が施されていない木材の事を指します。
無垢材は住宅の内装材や家具の材料としても使用されるインテリア性と機能性が高い優秀な素材と言えます。

 

木材として使われる木には特徴の異なる針葉樹と広葉樹があり、その中にも様々な材種があります。
それぞれの材種には素材感や色合いなど個性がありますが、どの木材にも魅力的な特徴があります。

 

材種によってメリットやデメリットが存在する為、用途によっては向き不向きがありますが、無垢材としての魅力は変わりません。

 

無垢材の最も魅力的なポイントは、温かみのある風合いや手触り、自然の造形美がもたらす美しい木目にあります。
一つ一つ表情が異なる木目や節は、天然の素材ならではの上質なインテリア性が感じられます。

 

室内に無垢材を取り入れるだけで、温もりが溢れるナチュラルなインテリアスタイルが完成します。
肌に触れて使う家具やフローリングに無垢材を採用すれば、優しく滑らかな肌触りも実感できます。

 

無垢材は時間の経過と共に質感や色合いに変化が起こります。古くなる事で劣化するのではなく、
艶感が増したり色に深みが出るなど、無垢材の良さを保ちながら味わいを深めていきます。

 

材種によっては経年変化と共に材質が硬くなり、強度が増していく木材もあります。
暮らしに寄り添いながら少しずつ表情を変え、長く使う事でその価値を高めていく無垢材は、
良い物を長く愛用したい方におすすめの素材です。

 

更に無垢材には機能的な特徴もあります。木材には室内の湿度を調節してくれる調湿作用が備わっている為、
内装材などに無垢材を使えばその効果を発揮し、快適な空間を実現してくれます。

 

また、熱伝導率が低く寒い季節でも表面の冷たさが抑えられるので、フローリングに採用すれば足元の冷えが軽減できます。
リラックス効果がある天然木の香りで、室内に居ながら自然の中で過ごしている様な空気感が味わえるのも嬉しいポイントです。

 

天然の素材感をそのまま取り入れられる無垢材には様々なメリットがあります。
魅力的な素材である分、膨張による変形や反りなど自然素材ならではの不具合が起こる事や、
比較的高価な材料である事などのデメリットも存在する為、しっかりと比較検討してみて下さい。

 

無垢材を取り入れた住まいは、おしゃれで快適な毎日を実現してくれます。

2022.5.12

施工事例 大田原市 S・T様邸

栃木県大田原市のS・T様邸の施工事例を平成ハウジング公式YouTubeチャンネルにUPしましたので是非ご覧ください。

チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

 

2022.5.6

トイレ空間を快適にする機能性壁紙

壁面の仕上げ材に用いられる壁紙には機能性やデザイン性など様々な種類があり、
部屋の用途やインテリアのテイストに合わせて選びます。

 

住まいの中でも汚れやすく、臭いも気になるトイレには、
デザイン性だけでなく機能性を重視した壁紙がおすすめです。

 

トイレを始めとする水周りに適した機能性壁紙を採用する事で、清潔で快適な空間が作れます。

 

トイレを使用する上で気になる臭いの原因は、尿の飛び散りなどによるアンモニア臭です。
主に、消臭剤などを配合して作られた消臭機能付きの壁紙なら、
臭いの原因となるアンモニアなどを吸収・分解して臭いを抑えてくれます。

 

嫌な臭いを防ぐ為に消臭剤を使う方法もありますが、
壁全体に消臭機能を持たせられる壁紙に効果を期待するのも一つの方法です。
壁に付着した菌の増殖を抑える抗菌機能付きもトイレの壁紙におすすめです。

 

防汚機能付きの壁紙も汚れやすいトイレに適しています。
壁紙の表面に特殊なフィルムをラミネート加工するなどして、
汚れが付きにくく落としやすい機能性を持たせた壁紙は、日々のお手入れを楽にしてくれます。

 

臭いの原因となる汚れを断つ事で消臭効果も期待でき、簡単に汚れが落ちる事で掃除時間も短縮できます。
特に狭いスペースのトイレや、お子様がいるご家庭のトイレは壁も汚れやすくなるので、おすすめの機能と言えます。

 

撥水加工が施された壁紙なら水汚れが染み込むのを防ぎ、更にお手入れの手間を減らしてくれます。
コンパクトなスペースで水を使うトイレは、湿気が籠りやすい場所でもあります。

 

湿気が溜まると結露やカビの原因になる為、調湿機能や防カビ機能が付いた壁紙で環境を整えてみてはいかがでしょうか。
壁紙が湿気を吸収する事でトイレ内の湿度がコントロールされ、結露やカビの発生を予防してくれます。

 

トイレに限らず、洗面所や脱衣所などの湿気が溜まりやすい水周りスペースにおすすめの壁紙です。
トイレなどの水周りに加えて、キッチンやリビングなど、
部屋の用途やライフスタイルに合う様々な種類の機能性壁紙が存在します。

 

来客時にも気兼ねなく使用してもらえるクリーンなトイレや、
毎日のお手入れがストレスにならない様な汚れにくいトイレを手に入れる為にも、
新築時やリフォーム時に機能性壁紙を検討してみて下さい。

 

生活に欠かせないトイレ空間の悩みが軽減できれば、暮らしが充実します。
デザイン性だけでなく、機能性にも注目しながら壁紙をコーディネートしておけば、
おしゃれで快適なトイレ空間が実現します。

2022.4.25

寝室のカラーコーディネート

休息や睡眠など、リラックスタイムを過ごす寝室では、
心も体も休まる落ち着きのあるインテリアに囲まれて過ごしたいものです。

 

また、寝室は住まいの中でもプライベート感が強いスペースなので、
自分の好みを前面に出したインテリアスタイルが楽しめる場所です。

 

寝室のインテリアを考える上で重要になってくるのがカラーコーディネートです。
人に与える色の影響は大きく、居心地の良い部屋を作る為にも色の効果を考慮しながら
コーディネートをする事をおすすめします。

 

ベージュやブラウンなどのアースカラーと言われる大地や地球、自然を連想させる色味は、
温かみがあり心を落ち着かせてくれる為、寝室のメインカラーに適しています。

 

他にも、鎮静効果のあるブルー系や、ストレスを軽減してくれるグリーン系などの色合いも寝室に向いています。
クッションや観葉植物、アートなどにワンポイントで色味をプラスするのも効果的です。

 

可愛らしいインテリアを目指している方には、淡いピンクやくすみピンクもおすすめです。
暖色系で幸福感が感じられるマイルドな色味は、寝室を大人可愛く彩ってくれます。

 

ピンクの濃淡を生かしたコーディネートや、テラコッタカラーなどのオレンジ系をワンポイントで使ったコーディネートは、
温かみのある優しいテイストに仕上がります。

 

爽やかなイメージのホワイトを使えば、ホテルライクで清潔感のある寝室が完成します。
空間を広く見せる効果もあるので、コンパクトな寝室にも適しています。

 

ホワイト一色のコーディネートは無機質に感じるので、木や木目調の素材を使ったインテリアを組み合わせてコーディネートしてみて下さい。

 

とても相性が良く、ナチュラルで落ち着きのある空間が実現します。

 

他にも、洗練されたインテリア空間が作れるグレーなど、
原色を使わないカラーコーディネートでゆっくりと休める寝室が作れます。

 

反対に原色に近いレッド系は活動的で緊張感があるので、心を静めて過ごしたい場所では避けたほうが良い色味です。
赤っぽい色を取り入れたい場合には、茶系に近い色合いを使うと原色の効果が和らぎます。

 

また、落ち着きのある空間を作る為にも、たくさんの色を使わず、色を絞って取り入れる事も大切です。

 

部屋の用途に適したカラーを採用する事は、インテリアコーディネートを考える上でも重要な要素です。
安眠効果のあるカラーコーディネートを実現して快適な毎日を過ごして下さい。

2022.4.11

暮らしに溶け込む造作家具

造作家具とは、住まいや好みに合わせてオーダーメイドされる造り付け家具の事です。
サイズを思い通りに注文してスペースを無駄なく使ったり、
好みのデザインをリクエストしてインテリアに統一感を持たせるなど様々なメリットがあります。

 

既製品では叶えられない造作家具ならではの魅力をインテリアに取り入れられるので、
住まいにピッタリのコーディネートが実現します。

 

希望通りのサイズや素材・デザインをオーダーできる造作家具は、
家のサイズに合わせて造り付けられる為、デッドスペースが生まれず空間を有効活用できます。

 

収納家具を造る場合には、収める物の種類や量に合わせて無駄のない収納計画が立てられます。
家のサイズにピッタリと収まる造作家具は、見た目もスマートで圧迫感が無い事も魅力の一つです。
なるべく家具を置かずにスッキリと暮らしたい方には特におすすめです。

 

また、床や天井など、住まいに使われている素材や雰囲気に合わせて造られた家具は、
家の一部の様に違和感なく空間に溶け込みます。

 

こうした細やかな要望を叶えてくれる家具は既製品では見つけにくく、家具探しの手間も省けます。
さらに、造り付け家具は大抵の場合、壁や天井などに直接取り付けて固定される為、
倒れる心配が無く耐震性に優れています。

 

造作家具を住まいに取り入れる時には、どのような家具が必要なのかをしっかりと検討する必要があります。
既製品の家具と違って気軽に撤去できない上に費用もかさむので、後悔しない様に計画する事が大切です。

 

世界に一つだけというオリジナリティーが良い点ですが、事前に現物が確認できない為、
施工業者との綿密な打ち合わせが重要になります。

 

将来的なプランも視野に入れながら、長く愛用できる家具を手に入れて下さい。

 

マイホームの為にオリジナルで造られる造作家具には、
インテリアに対する様々な要望を叶えてくれる豊富なメリットが揃っています。

 

収納を備えた洗面台やテレビボード、本棚に加え、ダイニングテーブルやワークスペースとして活躍するデスクなど、
住まいに合わせて造り付けられる家具は多くあります。

 

住まいにも、そこに暮らす人にとっても最適なオーダーメイドの家具は、
優れた機能性と美しいインテリア性で、お部屋の雰囲気を盛り上げてくれます。

 

インテリアコーディネートや家具選びに迷ったら、造作家具も視野に入れて家づくりを検討してみて下さい。
きっと、住まいにも暮らしにもしっくりと馴染むお気に入りの家具が出来上がります。

2022.4.5

将来を見据えた可変性のある子供部屋

子育て世帯の住環境において、子供部屋の役割や配置などはそれぞれの家庭によって異なりますが、
子供の成長に合わせた使い方ができる可変性のある空間なら、年齢に見合った理想的な環境を与えられます。

 

新築やリノベーションを機に、子供部屋の在り方を考えておけば、
現在だけでなく子供が成長する将来まで快適に過ごせる住まいが実現します。

 

可変性のある子供部屋の中で最もスタンダードなタイプは、
間仕切りの無い一部屋を将来的に子供の人数分に区切って使用するタイプです。

 

あらかじめ窓や照明、収納などを子供の人数分設置しておき、個室としても成り立つように配置しておけば、
スムーズに部屋を仕切れます。

 

間仕切りの無い広い部屋は、小さいお子様の遊び場としても活躍してくれるので、
個室が必要のない時期でも子供部屋を持て余す事がありません。

 

広々とした空間は動きの激しい幼少期に思いっきり遊べるスペースとして使えるので、
成長するまで使用しない個室の子供部屋よりも実用的です。
添い寝が必要な時期は、家族みんなで眠る寝室として使うのもおすすめです。

 

子供が成長してから部屋作りが行えるので、子供自身の意見を反映させながら仕切れるのも大きなメリットです。
プライバシーを守りたい場合には壁などでしっかりと仕切り、
子供同士がお互いの気配を感じながら過ごす事で安心感が得られる場合には緩やかに仕切るなど、柔軟に対応できます。
また、個室を欲しがる時期もそれぞれに違うので、子供の良いタイミングで間仕切りが作れるのも良い点です。

 

一つの部屋を仕切る方法にはいくつかありますが、工事を必要とする間仕切りは、費用や工期がかかります。
壁などでしっかりと間仕切りを作る以外にも、緩やかに空間を仕切る方法があるので、
費用を抑えたい方や簡単に間仕切りを作りたい方におすすめです。

 

ベッドや収納などの大型家具で仕切る方法もその一つです。
必要な家具を使う事で実用的な間仕切りが出来上がります。ロフトベッドやワードローブなど、
高さがあるインテリアなら、目線が遮られ個室感が増します。

 

パーテーションやカーテンで仕切るのも良い方法です。比較的安価で購入できる上に設置も簡単にできるので、
手間もかかりません。省スペースに収まるので場所を取らず部屋を広く使う事ができます。

 

可変性のある子供部屋にはメリットが多く実用的です。
子供の成長を見守りながら、家族みんなが満足できる家づくりを実現する事で、
将来に備えた理想の住まいが完成します。家で過ごす時間が充実する部屋作りを叶えて、快適な暮らしを手に入れて下さい。