blog

ブログ

2022.5.17

無垢材の魅力

住空間に使われている木材には様々な種類がありますが、
その中でも木の風合いや質感など、天然の素材ならではの魅力をそのままに感じられるのが無垢材です。

 

無垢材とは、丸太から切り出された木を乾燥させた素材で、集成材などの様に加工が施されていない木材の事を指します。
無垢材は住宅の内装材や家具の材料としても使用されるインテリア性と機能性が高い優秀な素材と言えます。

 

木材として使われる木には特徴の異なる針葉樹と広葉樹があり、その中にも様々な材種があります。
それぞれの材種には素材感や色合いなど個性がありますが、どの木材にも魅力的な特徴があります。

 

材種によってメリットやデメリットが存在する為、用途によっては向き不向きがありますが、無垢材としての魅力は変わりません。

 

無垢材の最も魅力的なポイントは、温かみのある風合いや手触り、自然の造形美がもたらす美しい木目にあります。
一つ一つ表情が異なる木目や節は、天然の素材ならではの上質なインテリア性が感じられます。

 

室内に無垢材を取り入れるだけで、温もりが溢れるナチュラルなインテリアスタイルが完成します。
肌に触れて使う家具やフローリングに無垢材を採用すれば、優しく滑らかな肌触りも実感できます。

 

無垢材は時間の経過と共に質感や色合いに変化が起こります。古くなる事で劣化するのではなく、
艶感が増したり色に深みが出るなど、無垢材の良さを保ちながら味わいを深めていきます。

 

材種によっては経年変化と共に材質が硬くなり、強度が増していく木材もあります。
暮らしに寄り添いながら少しずつ表情を変え、長く使う事でその価値を高めていく無垢材は、
良い物を長く愛用したい方におすすめの素材です。

 

更に無垢材には機能的な特徴もあります。木材には室内の湿度を調節してくれる調湿作用が備わっている為、
内装材などに無垢材を使えばその効果を発揮し、快適な空間を実現してくれます。

 

また、熱伝導率が低く寒い季節でも表面の冷たさが抑えられるので、フローリングに採用すれば足元の冷えが軽減できます。
リラックス効果がある天然木の香りで、室内に居ながら自然の中で過ごしている様な空気感が味わえるのも嬉しいポイントです。

 

天然の素材感をそのまま取り入れられる無垢材には様々なメリットがあります。
魅力的な素材である分、膨張による変形や反りなど自然素材ならではの不具合が起こる事や、
比較的高価な材料である事などのデメリットも存在する為、しっかりと比較検討してみて下さい。

 

無垢材を取り入れた住まいは、おしゃれで快適な毎日を実現してくれます。