blog

ブログ

2022.3.24

ベンチスタイルで楽しむ食卓

ダイニングスペースにベンチを取り入れたスタイルは、
すべてチェアでコーディネートした場合とは一味違った雰囲気が楽しめます。

 

ベンチには様々な種類があり、座面の素材や背もたれの有無など、
それぞれの暮らしに合わせて選ぶ事ができます。

 

また、ベンチ一台で2人以上が座れる為、チェアを人数分揃えるよりも費用が抑えられます。

 

最もスタンダードな板座のベンチは、どんなインテリアにも合わせやすく、お手入れも楽に行えます。
汚れやすいダイニングでも気兼ねなく使えるので、お子様がいるご家庭には特におすすめです。
好みのチェアパッドを合わせて使えば、座面の硬さや冷えも軽減でき、インテリアとしてもおしゃれに仕上がります。

 

また、板座タイプのベンチは、座る以外の用途にも便利に使えるので、ベンチとして不要になった場合にも役立ちます。
グリーンを飾るディスプレイ台や、荷物を置くための収納棚としても活躍してくれます。

 

ファブリック素材の座面なら、肌触りや座り心地が良く、カラーやデザインの種類も豊富にあります。
クッション性の高い座面なら、長時間座っていても体への負担が少なく、ゆっくりと食事時間が楽しめます。
座面がカバーリングタイプのベンチなら、汚れた場合にも簡単にお手入れができ、衛生的に使用できます。

 

ファブリック素材には、カラーバリエーションが多く、北欧柄などデザイン性が高い素材もあるので、
インテリアコーディネートの幅も広がります。

 

ダイニングベンチには、背もたれ付きや肘掛けが付いたアイテムもあります。
座面にも背もたれにもクッション性があるファブリックタイプなら、ソファダイニングの様な空間が作れます。

 

食事の後もダイニングで寛ぎたい場合や、ダイニングとリビングを兼用したい場合にも、
ソファの様な掛け心地のベンチがおすすめです。ソファよりもコンパクトなベンチなら圧迫感が少なく、
省スペースでもスマートに収まります。

 

肘掛けが付いていれば、更にリラックスした姿勢が取りやすくなります。
背もたれにクッションを合わせて、自分好みの掛け心地に調整するのも良いアイデアです。

 

ダイニングベンチには素材やデザイン性など、インテリアや好みに合わせて取り入れられるアイテムが多くあります。
テーブルやチェア、ベンチがトータルコーディネートされたダイニングセットならサイズ感やインテリア性のバランスが整っていますが、
手持ちのテーブルに合わせて購入する際には、脚間などのサイズに注意して、ストレスなく立ち座りができるベンチを選んで下さい。

 

それぞれの暮らしに合ったベンチスタイルなら、快適でおしゃれな食卓になります。