blog

ブログ

2022.2.18

地窓で叶える住みやすい家

地窓とは、床に近い位置に設置されている、あるいは床と接している窓の事です。

 

主に採光や換気を目的とした窓である為、人が出入りする様なサイズではなく、
部屋の低い位置に付けられる小ぶりな窓です。

 

地窓は和室に設けられているイメージがありますが、
玄関や廊下など、閉鎖的で暗くなりがちな場所の採光や換気にも適しています。

 

設置する目的によって、窓のタイプや大きさ、設置場所などを考慮しなければなりませんが、
掃出し窓や腰窓の様な他のタイプの窓には無いメリットが多くあります。

 

地窓を採用する最大の魅力は、プライバシーを守りながら採光や換気が行える事です。
地面に近い場所に設置されるので、外からの視線が気にならず、
シェードやブラインドで目隠しをしなくても安心して過ごせます。

 

高窓でも同様の効果が得られますが、地窓の方が低い位置にあるので、
開閉時やお手入れの際に手が届きやすく、上から入る日差しに比べて足元を照らす光は優しく感じられます。

 

低い位置にある地窓は、そこから見える景色も一味違った楽しみ方ができます。
遠くの景色を眺められる窓も良いですが、お気に入りの庭を室内から眺められるのも素敵です。
草木や花が覗く窓辺は、ピクチャーウィンドウの様な趣があり、
インテリアの一つとして部屋の雰囲気を盛り上げてくれます。

 

地窓を設置した壁のデッドスペースを、収納として使うのもおすすめです。
壁付けの靴箱や、和室に合わせられる吊押入れなどを地窓に合わせて採用すれば、
採光や換気が行える窓を取り入れながら、手の届きやすい位置に収納を設ける事ができます。

 

大きめの収納を設置しても地窓によって抜け感が生まれ、
圧迫感が軽減されるので、狭い空間でも活用できるアイデアです。

 

室内の空気を循環させて、効率的な換気が行えるのも地窓の特徴です。
高い位置に設置する高窓と合わせて使えば、暖かい空気と冷たい空気が効率よく循環し、
風通しの良い住まいになります。

 

どちらの窓もプライバシーを守りながら換気ができる為、
ストレスなく窓を開けておけます。自然と室内の空気に流れができるので、省エネにもつながります。

 

メリットの多い地窓は、目的を明確にして取り入れる事で、快適に過ごせる住まいを実現できます。
景観を楽しむ為なら、開閉ができないFIX窓を取り入れた方が、より効果的に景色の魅力を楽しめます。

 

防犯の面でも、開閉できない窓の方が安心して取り入れられます。
換気を目的とする場合には、開閉できる窓のタイプを選び、トイレや洗面所など、
よりプライバシー性を高めたい場所には、型ガラスを採用すれば室内が見えにくくなります。

 

様々な要素を踏まえて、地窓のメリットを生かした家づくりに挑戦してみて下さい。